ごあいさつGreeting

あいさつ

 「なだ語学教室」のホームページをご覧いただきありがとうございます。当教室の教師シンナです。
 私が日本のみなさんに中国語を教え始めてから8年(2011年現在)が経ちます。上達する速さはそれぞれ違いますが、多くの生徒が苦労するのは発音についてです。日本のみなさんはどちらかというと文法が大好きで、発音については軽視する傾向があるようです。でも、中国語は発音がとても重要で、「発音がよければ半ばよし」と言われるくらいです。このような事もあり、文法だけではなく発音もバランスよく身に付けて頂けるようにご指導させて頂いています。

教師は対外中国語教師資格を取得IPA Certification for Chinese teachers

IPA

 米国IPA(国際認定協会)が中国国家人事部などの関連部門の承認を受けて行っている、対外国人向け中国語教師資格である「国際登録中国語教師資格証明書」取得試験の高級レベルを取得しました。
 また、IPAとは別に孔子学院が主催する「2012年度 中国語教員養成講座」を受講し、「日本人に対する中国語教育の難点と教育方法」と「中国語教育研究」について修了証をいただきました。
 なだ語学教室で学習してくださる生徒さんに、より価値のある授業を受けて頂くために日々努力させて頂いています。

神戸で最初のHSK認定校The first accredited school by HSK in Kobe

HSK

 2013年4月より神戸で最初のHSK(漢語水平考試)認定校になりました。HSKは中国政府公認の中国語標準試験です。日本では中国語検定ほど知られていませんが、HSKは世界で通用する資格です。当校では中国語検定はもちろん、HSK対策も全力でサポートさせて頂きます。

月5500円から始めるマンツーマンレッスンReasonable price

マンツーマンレッスン

 マンツーマンレッスンを月5500円(50分、月2回の場合:2750円/1回)から受講できるシステムをとっています。受講の最低回数は月2回で、1回増やすと2750円追加となります。80分コースは(4400円/1回)となっています。
 ペアレッスンは50分(1800円/1回)コースがあり、こちらも月2回から受講できます。

こんなお悩みはありませんか?Having trouble being understood?

これから勉強したいが中国語教室に行くのが恥ずかしい。

お悩み

 英語の場合、中学、高校と6年、大学もあわせると10年くらい勉強しているので出来ないと恥ずかしいと思い、英会話教室に問い合わせるのを躊躇する人もいらっしゃいます。でも、中国語は英語と違い、多くの方にとって初めて習う言語です。出来ないのは当たり前の事です。まったく恥ずかしがることはありません。何かを始めようと思ったら、それが自分をステップアップさせる絶好のチャンスだと思います。

勉強を始めたが話せるようにならない。

お悩み

 勉強を始めてしばらく経ち、簡単なあいさつや単語は話せるようになったけど、会話をしようとすると言葉が出てこない。という事も多いと思います。これは多くの場合、インプットの練習ばかりして、アウトプットの練習をあまりしなかった事に原因があると思います。
 また、勉強を始めたばかりの頃は外国人が中国語の学習をする上で一番大事な時期です。ピンインや声調(アクセント)をしっかり身に付けないと、使えない中国語をマスターする事になります。私もそうですが、日本人の中国語に慣れた中国人にはだいたい何を言っているか想像が出来ます。でも、このような人は少なく、中国に住んでいる中国人にはほとんど通じないでしょう。後で気が付いて声調を直そうと思ったら、それは想像以上にパワーが必要になってきます。
 学習を始めた頃は、早くたくさん文法を覚えていっぱい話したいという気持ちがあると思います。文法を覚えた方が、勉強をしたという満足感を得られるからです。でも、急がないでしっかり基礎(ピンイン・声調)を固めることが重要です。大事なことは使える中国語をマスターする事です。

今まで勉強してきたが中国人に話が通じない。

お悩み

 普段から中国語の学習を一生懸命頑張っているのに、中国人相手に話が伝わらなかったという経験がある方もいらっしゃると思います。多くの場合は声調(アクセント)の練習が十分でないときに、このような問題が起きます。これは多くの中国語学習者がぶつかる壁でもあります。
 私の知っている方に、とても努力家で流暢に中国語をしゃべる方がいらっしゃいます。ですが声調の勉強をあまりしていなかったようで、文法的に問題はないのですがしゃべっていることが半分もわかりません。また声調がわからないので、聞き取りもあまり出来ていないようでした。とてももったいないと思います。
 日本でも橋と箸のアクセントが関西と関東では逆の為、関西人と関東人が話をするとお互いに勘違いしてしまうと聞きました。学習経験者の方ならお分かりと思いますが、中国語の場合は声調が違うとまったく違う意味になってしまいます。
 多くの中国語学習者にとって、声調の練習は大きなストレスになるようですが、学習する目的は中国人と話ができるようになることだと思います。

ブログ紹介Blog

神戸中国語教室「なだ語学教室」

音声付き以外のブログを作りたかったので、ニュースで中国語とは別になだ語学教室のブログを作ってみました。
書くだけなので、出来るだけ毎日更新したいと思います。
日本語と中国語の両方書きます。これを読んで中国語と日本語の表現の違いを勉強していただけたら嬉しいです。

ニュースで中国語

多くの中国語を学習する皆様のお役にたちたいと思い、「ニュースで中国語」というブログを運営しています。
日本のニュースを中国語にし音声をつけて紹介しています。時々長期でお休みを頂いちゃうこともありますが、自分のペースで更新しています。

音声付きホームページ紹介HomePage

音声付ホームページ

いま作成中の音声付ホームページを紹介させていただきます。こちらも中国語を学習している方にお役にたてて欲しいと思って作りました。内容もまだ足りないですが、追々更新にしていく予定です。

Copyright(C) Nada language school